校内生活の決まり

 

(1)登下校・欠席・外出について

 1.校舎側の2つの玄関より登下校する。南門は使用しない。

 2.欠席連絡は8:15までに保護者が行う。

 3.登校時間は8:00~8:15。部活動朝練習での登校時刻は7:10以降。

 4.登校後の無断外出は禁止。忘れ物を取りに帰ることはしない。

 5.自転車での登校は禁止。怪我等でやむを得ない場合は、担任に申し出て、許可を取る。

 6.放課後の再登校時にも、学校の決まりを守る。

(2)服装・頭髪

 1.生徒手帳の内容

 1.1男女とも標準服を着用する。

  男子…黒の詰め襟学生服(夏の上衣は白のワイシャツ、アイロンマーク)

  女子…濃紺のセーラー服(夏は白の半袖セーラー服、アイロンマーク)

 1.2.校章・クラス章は指定の場所に付ける。夏服時には校章プリントとする。

 1.3.頭髪は、男女とも中学生らしい頭髪にし、パーマ、着色、脱色などはしない。

  女子は肩より長くする場合は束ねる。髪飾りのような物は付けない。

 1.4.カバンは学校指定のカバン・サブバックとする。

 1.5.下履きは運動靴又は黒の革靴とし、上履きは学校指定の物とする。

 1.6.靴下は白地の無地か白色のワンポイントやライン入りとする。

 1.7.冬期、防寒用に厚着をする場合、男子は上衣の下に着て、女子は上衣の上に着る。

  なお、防寒着はセーター、カーディガン、ベストで紺・黒・灰色の無地、又はワンポイントとする。女子は防寒着を着用中もタイを付ける。

 1.8.コートは紺・黒・灰色のいずれか一色で無地とする。また、高価な物や派手な物ではなく、中学生らしい上品な物とする。

 1.9.衣替えは、夏期6月1日、冬期10月1日からとし、原則として前後2週間を移行期間とする。

 2.決まり補足

  *髪用ヘアピン…黒の最も細い物1種のみとする。ぱっちんとする物等は禁止。

  *髪止めゴム…黒・紺・茶のみ可、細い物(綴じ紐程度を基準)とする。リボン・ヘアーバンド類は禁止。

  *整髪料…使用しない。

  *ベルト…黒の色のみ指定

  *女子のタイ…短くしない。

  *ワイシャツの下のTシャツ…白のみ可。女子がセーラー服の下に着る場合も同じ。

  *セーター・カーディガン…スクール用またはそれに準じた物。長すぎる物・ざっくり編みこんだ物・綿物の厚手のだらしなく見える物は禁止。

  *女子のスカート丈…身長の伸びに応じて直す。

  *化粧・眉ぞり・においや色のあるリップ…禁止。

  *マフラー…中学生らしいもの、ファー等、耳当て禁止。

 

(3)持ち物について

 1.指定カバン(3Wayバック)・サブバックについて

  *教科書・ノート・体育着等すべて指定カバンに入れて持ってくる。

  *指定のカバンに荷物等が入りきれない時に指定サブバックを使用する。

  *指定カバン・サブバックに付けてよいキーホルダーは1つまでとする。

  *指定カバン・サブバック以外、ビニール袋や紙袋等で登下校しない。

 2.学校に持ってきてはいけない物

  *原則として、学校生活に必要のない物は持参しない。   

  *具体的に、金銭・携帯電話・ウォークマン類・時計・マンガ・雑誌・ゲーム類

   化粧品類・弁当以外の飲食物・アクセサリー類・プリクラ等

   *ヘアーブラシ・鏡などは、使用場所(トイレ)を守る。

  *必要のない物を持ってきていた時は指導し教師が預かる。その後の処置については、

   学年・生活指導部と相談する。基本的には生徒に返却せず、保護者に直接渡すようにする。     

  *必要があって持ってくる場合は、朝、教師が預かり職朝で連絡する。

  *学校で集めるお金以外は持ってこない。

 3.昼食を持ってくる場合

  *家から持ってこさせ、登校途中や登校後に買いに行かない。

  *飲み物は水筒に入れて持ってくる。缶・ビン・紙パック類禁止。

   ただし、ペットボトルにカバーをして水筒として利用する場合は可とする。

  *ゴミは家に持ち帰える。      

  *昼食を忘れた生徒がいた場合は、担任・顧問に申し出させた上で、対処を考える。 
 

(4)部活動について

 1.入部については、原則として一人一部とする。

  ただし、活動が可能な場合、運動部と文化部をかけもちして活動できる。

  (※各顧問の話合いによるものとする)

 2.活動時間については、前期6時30分・後期6時を最終下校とする。

  (春休みから秋休みまでが6時30分)

  (朝練習については、7時15分~8時15分までとする)

 3.活動においては、顧問が活動場所にいることを原則とする。

  (顧問が出張の時、他の先生に代行してもよいとする)

 4.職員会議などの場合は、再登校して活動する。

 5.運動部についての練習着は、体育着を基本として、顧問が認めたものとする。

 6.活動中などに校則違反などがあった場合は、「活動停止」もある。

  (※生活指導部で話合い→副校長→校長)

 7.顧問の異動の場合は、基本的には廃部となる。

  (生活指導部及び先生方の話合いで可能な場合は存続できる)

 

 

               

 

更新日:2017年08月25日 21:38:42