校長あいさつ

オリンピックイヤーに新たな気持ちでスタート

          さらなる成長をめざす チーム亀戸中!!

                                     第15代校長 山口 博之

 延期された東京2020大会が行われる令和3年度ですが、感染症対策を十分に意識したスタートとなります。昨年度より教育目標を改定し、より良い教育を目指していますが、今年度、新学習指導要領が完全実施となり、生徒にタブレットも配布され、新たな気持ちで学校運営を行える喜びで、教職員が一丸となっています。185名の1年生を仲間に加え、通常15学級、特別支援3学級、総勢560名の大所帯で活動を開始しました。5月2日には満74歳の誕生日を迎えます。歴史と伝統を新たなスタイルに対応しつつ継承していきます。今年も生徒達が学習に、行事に、部活動に素晴らしい活躍がたくさんも見られるよう期待しています。

 こうとう学びスタンダード(ネクストステージ)の取組の成果が問われる今年度、確実な定着を図ることで、さらなる向上を目指して参ります。

 生徒数が増加傾向にありますが、「確かな学力」と「豊かな心」(言い換えると「自立」と「共生」)をしっかりと育むため、一人ひとりの生徒に丁寧な指導を心がけてまいります。先人が築いた素晴らしい伝統を受け継ぎ、亀戸中の良い教育環境を大切にしながら「亀中に通って良かった」と生徒・保護者が思える学校づくりのため、全教職員チーム一丸となって頑張っていきます。どうぞ、より一層のご理解と温かいご支援をお願い申し上げます。

(令和3年4月)

 

 

更新日:2021年04月09日 12:00:22